生理前に出るニキビはホルモンバランスの乱れが原因!予防や対策についてご紹介します

生理前になると、あごや頬に繰り返しニキビができるという人は多いですよね。生理前はホルモンバランスの乱れから、肌荒れが起きやすく普段よりも肌が敏感な状態になります。ホルモンバランスを整えるための具体的な方法をご紹介します。

生理前に出るニキビで悩む女性は多い…

生理前はホルモンバランスが乱れやすく、ニキビができやすい時期です。ストレスや生活習慣などの乱れから男性ホルモンの分泌が増え、皮脂分泌が盛んになることでニキビができます。今回は、生理前にできるニキビの予防や対策について見ていきましょう。

なぜ生理前になるとニキビが出るの?

メカニズムは?

女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類があり、生理周期と共に分泌量が増えたり減ったりします。生理前は黄体ホルモンの分泌が増えるため、皮脂分泌が過剰になって肌荒れやニキビが起きやすい状態になります。また、同時に男性ホルモンの分泌も増えるので、皮脂分泌量はさらに増えることに。

ニキビが出やすい場所は?

生理前にできる大人ニキビはおでこや頬、口のまわりなど皮膚の薄い場所に出やすいという特徴があります。

ニキビ以外にもこんな症状が出る

黄体ホルモンは、ニキビ以外にもさまざまな影響を及ぼします。むくみやイライラ、憂うつになる、頭痛や眠気などが代表的なもの。これらの症状を総合して、PMS(月経前症候群)とも呼ばれます。

どんな予防・対策方法がある?

スキンケアは丁寧に

ニキビ対策には、正しい洗顔・保湿が重要です。30℃程度のぬるま湯を使い、洗顔料をよく泡立てて優しく洗います。熱湯は必要な皮脂をとりすぎてしまい、冷たい水は毛穴が開かないので注意。摩擦は肌への刺激になるため、ゴシゴシとこすらないようにしましょう。夜に洗顔料を使ったら、朝はぬるま湯洗顔で十分です。洗顔後はしっかりと保湿して肌の水分量を保つようにしてください。

食事も大切

甘いものの摂りすぎや油っこい食事は、皮脂分泌を過剰にする原因になります。肌のターンオーバーを促し新陳代謝を活発にするためにも、野菜や果物をたっぷりと摂りましょう。ニキビ対策には、皮脂分泌を抑えるビタミンCや、細胞の回復を促すビタミンBの摂取がおすすめです。

 

また、豆乳に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするといわれています。特に生理前は積極的に摂りたいですね。

睡眠はしっかりと

睡眠不足はお肌の大敵です。特に夜10時〜深夜2時の時間帯は「お肌のゴールデンタイム」と呼ばれ、細胞の再生が効率よく行われるタイミング。仕事や家事の兼ね合いで早い時間に寝るのが難しいという人は、睡眠の質を高めることを意識してみましょう。寝る前にスマホを見ない、お風呂にゆっくり浸かる、お気に入りのアロマを焚くなど、リラックスできる環境を整えるだけで熟睡につながりますよ。

身体を冷やさない

生理前は血行が悪くなり、身体が冷えやすい時期です。冷えはむくみや新陳代謝の低下を招きます。腹巻きやカイロを使用し、子宮や腰まわりを中心に温めるようにしましょう。

メイクは注意が必要

生理前は肌が敏感な状態なので、メイクにも注意が必要です。普段なら刺激にならないような化粧品で、赤みや発疹、かゆみを引き起こすことも。刺激の強いものは避け、なるべくナチュラルメイクで過ごすのがおすすめです。密着度が高く毛穴を塞いでしまうリキッドファンデーションは避け、ミネラルタイプのファンデーションなど軽いパウダータイプを使いましょう。

こんなアイテムもオススメ

低用量ピル

低用量ピルは一般的には避妊用というイメージがありますが、女性の身体の調子を整える治療薬として使われるれっきとした薬です。ホルモンバランスを調整して生理前の憂うつな症状を抑えるほか、生理痛の緩和や出血量を抑える効果もあります。低用量ピルは婦人科で処方してもらえますが、体質や持病によっては使えない場合も。必ず血液検査や問診で確認してみてくださいね。

漢方薬

身体の巡りを良くしてくれる漢方薬も、ホルモンバランスを整えるのに効果的です。特にニキビに効くといわれているのは、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)など。漢方薬はドラッグストアでも手に入りますが、体質や体力によって合う漢方は異なります。初めて使うなら漢方薬局など専門医がいるところで相談するのがおすすめです。

サプリメント

生理前におすすめの栄養を、サプリメントで補うという方法もあります。美肌効果のあるビタミンBやビタミンCのほか、PMS(月経前症候群)全般に効果があるとされるものにチェストツリー、γ-リノレン酸、エキセナアがあります。これらの成分を総合的に配合したPMS専用のサプリメントもあるので、検討してみてはいかがでしょうか。

妊娠初期症状(妊娠超初期症状)と似ている

なぜ似ているの?

PMSや生理前ニキビは、よく妊娠初期症状と似ていると言われます。妊娠0週〜4週の「妊娠超初期」と呼ばれる時期は、だるさや熱っぽさ、眠気、肌荒れなど、PMSとよく似た症状が出ます。これは、生理前ニキビも妊娠初期症状も、黄体ホルモンの分泌が増えるという点が同じだからです。

見分け方は?

妊娠初期症状かどうかは、普段から基礎体温をつけていれば変化はすぐわかります。妊娠した場合は高温期が続くことになります。そのほかにおりものの変化や着床出血、下腹部のチクチクとした傷みを感じる人もいます。

症状が長引く場合は皮膚科へ

生理前ニキビはホルモンバランスの乱れが大きな原因です。生活習慣を整え、洗顔やメイクに気をつけるだけでも改善が見込めます。しかし人によっては症状が長引く場合も。その場合は皮膚科へ行き、適切な治療を受けるようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です