気になるむくみの取り方!顔・足・手…全身スッキリさせる方法とは

手軽に真似できる、顔、足、手のむくみの取り方をご紹介します。短時間でできるマッサージや、生活習慣を見直すだけで、むくみは一気に改善されます。むくみで太って見える、夕方になると足がパンパンで痛くなるなど、様々なむくみの悩みを解消しましょう。

簡単なむくみの取り方を紹介!

『朝起きたら顔がパンパンになっていた』『下半身がむくんで太って見える』『夕方になるとパンプスがきつくなる』、そんなに悩まされる女性は多いのではないでしょうか。

むくみを放置すると、セルライトができたり、痩せにくい体質になってしまう危険あります。普段から、むくみを予防・対策することが重要です。

なかなか解消されないむくみを、簡単に取る方法をご紹介します。

むくみの原因とは

むくみには様々な原因があります。どうしてむくむのか、まずはその原因を知り、生活習慣を見直してみましょう。

血行不良

血液には、体に溜まった老廃物を排出する大切な役割があります。血行が悪くなると、この機能がうまく働かなくなり代謝が低下するため、むくみを引き起こします。

塩分・アルコールの取り過ぎ

塩分・アルコールの過剰摂取は、一時的なむくみの代表的な原因のひとつです。味の濃い食事をしたり、飲み会の翌朝に顔がむくんでしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。

塩分

塩分を摂り過ぎると体内の塩分濃度が高くなります。そうすると、塩分を薄めて体液バランスを保とうとする体のメカニズムが働き、水分を過剰摂取してしまいます。

水分を大量に摂取したにもかかわらず、尿や汗などは抑えられ、体の中に水分が保持された状態になることがむくみを引き起こします。

アルコール

アルコールを摂取すると、尿を抑える抗利尿ホルモンの働きが弱まり、体内の水分が必要以上に排出されてしまいます。

脱水状態を防ぐために、過剰摂取した水分が体内に保持されることから、むくみが生じやすくなります。

また、アルコールは血管を膨張させるので、血管の外に水分がにじみ出やすくなってしまいます。血管からにじみ出た水分は皮膚細胞を膨張させ、全身のむくみの原因になります。

運動不足

運動不足で筋力が低下すると、リンパの流れが滞り、むくみを引き起こしてしまいます。

また、脚の筋力が低下すると血液を心臓に押し戻す力も弱まるので、血行が悪くなり、代謝が低下することもむくみの原因になります。

睡眠不足

睡眠中は日中ほど心臓が活発に働いていないので、血液やリンパ液を体に巡らせて老廃物を排出する働きが鈍くなり、時間がかかります。

睡眠時間が短いと、体の中に老廃物が溜まったままで、朝起きてもむくみが続いている状態になります。

妊娠によるもの

妊娠中には、体内の血液量が増加するので、腎臓の働きが追いつかず、むくみが起きやすくなります。

また、胎児が骨盤内を圧迫することで血行が悪くなることから、妊娠後期にむくみに悩まされる妊婦さんが多いようです。

加齢によるもの

加齢により筋力が低下し、リンパ液や血液を循環させる力が弱くなることも、むくみの原因のひとつです。

特に高齢者の方は、血液を心臓に押し戻すために必要な脚の筋力が衰えることで、下半身がむくみやすくなります。

全身のむくみの取り方

一時的なものだと思ってむくみを放置すると、代謝が低下し痩せにくい体質になってしまう可能性があります。むくみに効果的な、簡単にできる改善方法をご紹介します。

むくみを取るストレッチ

脚の付け根のリンパの流れをよくして、むくみを改善するストレッチをご紹介します。

<ストレッチの方法>

  1. アキレス腱を伸ばす体操のように、脚を前後に開き、重心を前に置きます。
  2. 徐々に後ろ脚を後方にスライドさせていき、体を沈めて開けるところまで開きます。
  3. 伸ばしている脚の方向に体を開きます。
  4. 反対の脚も同様に行います。

伸ばしていない方の脚のかかとが床から離れないように注意しましょう。

むくみを取るツボ

食べ過ぎや飲み過ぎでむくんでしまった体に効く、6つのツボをご紹介します。

内関(ないかん)

胸やけや吐き気など、消化器系の不調の改善に効果があるツボです。

<ツボの場所>

手のひらと手首の境のしわの中央から、肘に向かって指幅3本分ほどの場所にある腱と腱の間です。

<押し方>

反対側の手の親指で、5秒間ほど優しく押しましょう。

天枢(てんすう)

内臓全般の機能をアップさせるツボです。便秘にも効果的です。

<ツボの場所>

おへその左右両側から指3本幅ほどの場所にあります。

<押し方>

人差し指、中指、薬指を揃えて、左右のツボを同時に押します。お腹がへこむ程度の力で押しましょう。

中脘(ちゅうかん)

胃に関わる諸症状に効果のあるツボです。

<ツボの場所>

みぞおちとおへそのちょうど中間点にあります。

<押し方>

両手の中指を揃えて、10秒間ほど、上下に小刻みに揺らすようにマッサージしながら押しましょう。

仰向けに寝た状態でツボを押すと、さらに効果的です。

足三里(あしさんり)

胃腸の状態を改善するツボです。脚の疲れやむくみを取るのにも効果的です。

<ツボの場所>

膝のお皿から指幅4本分下がった高さの、脚の外側にある小さな窪みです。

<ツボの押し方>

親指を使って、上から下に向かって骨を押すイメージで圧力をかけましょう。

血海(けっかい)

血流を改善し、老廃物を排出するのに効果があるツボです。

<ツボの場所>

膝のお皿の上の一番内側から、指幅3本分上がった場所にあります。

<ツボの押し方>

太ももに対して垂直に押したり、両手の親指で『の』の字を描くように揉みほぐしたりしましょう。

陰陵泉(いんりょうせん)

食べ過ぎや飲み過ぎで弱まった膵臓の機能をアップさせ、むくみを取るツボです。陰陵泉を軽く押してみて痛みを感じる場合は、体に余分な水分が溜まっているサインです。

<ツボの場所>

膝のお皿の下の内側にある、骨の膨らみが始まる位置にある窪みです。膝下のスネの内側の骨を指でたどっていくと、ツボの場所で指が止まるので分かりやすいでしょう。

<ツボの押し方>

膝を軽く曲げた状態で、膝を上からつかむようにして親指をツボにあて、ゆっくりと押しましょう。

体を温めて血行を良くする

お風呂にゆっくりつかって体を温めることで、血行を促進することができます。

入浴前にコップ1杯の水を飲み、夏場は38℃前後、冬場は40℃前後のお湯に、約15分ほどつかると効果的です。

42℃以上の熱すぎるお湯で入浴すると、逆効果になるので注意しましょう。どうしても熱い湯船につかりたいという方は、炭酸入浴剤を利用して体感温度をアップさせるのがお勧めです。

普段から体を冷やさないように心がけましょう。

こまめな水分補給

体内に過剰に水分が溜まった状態がむくみを引き起こしますが、逆に水分不足でもむくみが生じてしまいます。

体内の水分が不足すると、血液やリンパ液の流れが悪くなり、水分が体の下の方で停滞し、むくみの原因になります。

こまめに少量の水分を補給することで、体内の液体バランスが保たれ、むくみを防ぐことができます。

日常の水分補給には、常温の水がもっとも適しています。

運動などで汗をかいた際には、スポーツドリンクも有効ですが、普段から水の代わりに飲んでいると糖分の過剰摂取になってしまいますので、普段は水、必要なときにだけスポーツドリンクで水分を補うようにしましょう。

サプリメントの摂取

むくみを解消するサプリを利用するのも有効な手段です。

人気タレントやモデルが愛用していることで有名なむくみ取りサプリはこちらです。

するるおめぐ実

http://fanfare-shop.com/sururunoomegumi/

  • 価格:3,240円(税込)
  • 容量:62粒(約1ヶ月分)
  • 特徴:むくみに効く赤ぶどう葉、トウモロコシのひげ、明日葉を配合したサプリで、老廃物の排出を助け、気になる顔や脚のむくみを解消してくれるサプリです。

 

また、最近ダイエットで注目されている酵素にも、代謝機能を高め、むくみを改善する効果があります。
むくみやダイエットに有効な酵素サプリ

足のむくみの取り方

夕方になると足がパンパンになってしまうあなたに、足のむくみを取る方法をご紹介します。

ふくらはぎのむくみ解消マッサージ

むくみの悩みで一番多いふくらはぎのマッサージ方法をご紹介します。

<方法>

  1. 足首を両手でつかみ、ゆっくりと膝のお皿あたりまで両手を移動させ、膝の裏に流すイメージでマッサージします。
  2. スネの骨の両側を親指で押しながら、足首から膝のお皿まで移動させます。
  3. ふくらはぎのお肉を両手でつかみ、左右違う方法にねじりながら柔らかくほぐします。
  4. もう一度、足首から膝の裏に流すマッサージを行います。

太もものむくみ解消リンパマッサージ

脚の付け根のリンパの流れが滞ると、太ももがむくんで硬くなってしまいます。じっくりとマッサージをして、太もものむくみを解消しましょう。

<方法>

  1. 片方の膝を曲げたまま外側に倒します。
  2. 太ももの膝に近い部分を両手で押します。気持ちいいと感じれば、体重をかけて押しても大丈夫です。
  3. 両手の力を入れたまま、脚の付け根に向かってゆっくりさすります。
  4. 反対側の太ももも同様に行います。

膝のむくみ解消リンパマッサージ

膝がパンパンにむくんでしまったら、このマッサージを試してみましょう。

<方法>

  1. 片方の膝を立てて座ります。
  2. 両手の親指を膝のお皿の上の外側に置き、親指で押しながら膝の周りを1周します。
  3. 両手の親指と人差し指で、膝上のお肉をつまんで揉みます。
  4. 両手の親指を膝上に置き、左右の親指を交互に脚の付け根に向かってさすります。10回ほど繰り返しましょう。
  5. 反対側の膝も同様に行います。

足の甲のむくみ解消法

朝にはブカブカだったパンプスが、夕方になると足の甲がパンパンにむくんで、きつくなってしまう『クリームパン足』に悩む女性が増えています。

足の甲のむくみに効く、『タオルギャザー』という簡単なマッサージ方法をご紹介します。

<方法>

  1. タオルを床に広げて置きます。
  2. 足の指を最大限に広げます。
  3. 足の指で床のタオルをつかみ、たぐり寄せます。
  4. 反対の足でも同様に行い、左右10〜20セット繰り返しましょう。

足のむくみ解消グッズ

手軽に足のむくみが解消できる、人気のむくみ対策アイテムをご紹介します。

フットピロー(足枕)

足を高くして寝ることで、足に溜まった余分な水分を心臓に押し戻したり、血行やリンパの流れを促進する効果があります。

足首の下に二つ折りにした座布団や丸めたバスタオルなどを置いて、15cm〜20cmの高さになるように調整します。

寝ている間にどうしても崩れてしまうという方は、市販のフットピローを検討してみてはいかがでしょうか。

着圧ソックス

履くだけで足のむくみを解消し、美脚を作ってくれる、着圧ソックスや着圧ストッキングが手軽で人気です。

着圧ソックスで有名なメディキュットの人気アイテムをご紹介します。

おそとでメディキュット 着圧ストッキング スレンダーマジック

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%83%E3%83%88-%E7%9D%80%E5%9C%A7%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%83%8C%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5-M-L-%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B01MT9LUXE

  • 価格:909円(税込)
  • 特徴:人気ナンバーワンの着圧ストッキング。人体工学に基づいたデザインで、履くだけでトータル5cm引き締めてくれます。

 

寝ながらメディキュット フルレッグ

https://www.amazon.co.jp/%E5%AF%9D%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%83%E3%83%88-%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B0-%E5%A4%AA%E3%82%82%E3%82%82%E4%BB%98%E6%A0%B9%E3%81%BE%E3%81%A7-MediQtto-Sleep/dp/B01AR8Y744

  • 価格:2,118円(税込)
  • 特徴:4つの加圧ポイントで、履いて寝るだけで脚全体をすっきりさせる着圧ソックス。

ひきしめジェル

ひきしめジェルを使用すると、マッサージの効果が高まります。中でも、ひきしめジェルとマッサージローラーがひとつになった『レッグローラージェル』は、手間いらずで効果が実感できるということで人気が高いアイテムです。

レッグローラージェル

http://www.graphico.jp/parts-senka/

  • 価格:1,598円(税込)
  • 容量:120ml
  • 特徴:ひきしめジェルとマッサージローラーがひとつになった、コロコロ転がすだけレッグケアアイテム。座りっぱなしの脚用のHOTタイプと、立ちっぱなしの脚用のCOOLタイプがあります。

顔のむくみの取り方

飲み会の翌朝や、生理前にパンパンにむくんでしまった顔に、すぐに効果の出る解消方法をご紹介します。

朝のむくんだ顔に冷温パック

冷温パックで、リンパの流れを促してむくみを取りましょう。

<方法>

  1. タオルを2枚用意して、冷水と熱めのお湯、それぞれにつけて絞ります。
  2. 冷たいタオルと温かいタオルを交互に顔に当てます。
  3. 3セットほど繰り返しましょう。

温かいタオルは、電子レンジで作る蒸しタオルを使用すると、お湯につけるよりも冷めにくいのでお勧めです。

顔のむくみ解消マッサージ

首や顔のマッサージをすることで、顔に滞っている余分な水分を流します。

<方法>

  1. 首を左右交互にに大きく回します。3セットほど行いましょう。
  2. 左右両側の鎖骨の上にあるくぼんだ部分に、親指以外の指を揃えて入れて、強めに押します。
  3. 両手を頬杖をつくように頬に当て、顎から耳の上にかけて引っ張り上げます。
  4. 耳の後ろから、首を通って鎖骨にリンパを流すイメージで手を滑らせます。
  5. 3.と4.のマッサージを1分間ほど繰り返します。

あまり力を入れすぎると、肌にダメージを与えるので注意しましょう。クリームなどを手に取ってマッサージをすると、滑りがよくなり、肌への負担が少なくなります。

手のむくみの取り方

むくみというと顔や足のむくみを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、実は手もむくみやすい体の部分のひとつです。

指がパンパンにむくんで、指輪が抜けなくなったという経験をした方もいるのではないでしょうか。

特に、パソコンを長時間使うデスクワークの方は、どうしても手がむくみやすくなります。そんな手のむくみに悩む方に、仕事の合間にできる、簡単な解消方法をご紹介します。

仕事の合間に手の運動

デスクワークをしていると、手が心臓より低い位置に長時間あることから、手先の血行が悪くなってしまいます。これは、手を心臓より高い位置に持ってきて運動を行うことで解消されます。

<方法>

  1. 手を心臓より高い位置に上げて腕を伸ばします。
  2. 腕を伸ばしたまま、手をグー、パー、と開いたり閉じたりします。10回ほど繰り返しましょう。
  3. 両手をバンザイをするように高く上げ、手首をぐるぐると回します。

手のむくみを解消するハンドマッサージ

マッサージで手先の血行をよくするのも効果的です。

<方法>

  1. 指先から指の付け根に向かって、揉みほぐしていきます。爪の周りも忘れずに丁寧にマッサージしましょう。
  2. 手の甲の指と指の間も、上から下に向かって揉みほぐします。
  3. 手首から、肘にかけてもリンパを流すイメージでマッサージします。

ハンドクリームなどをつけてマッサージすると、滑りがよくなりマッサージしやすいのでお勧めです。

注意したいむくみ

むくみのほとんどは一時的なものであることが多いのですが、慢性的なむくみやひどいむくみは、病気のサインである可能性があるので注意しましょう。

顔や手のむくみがひどい場合

顔や手のむくみが異常にひどい場合には、成長ホルモンの分泌異常によって引き起こされる先端巨大症(アクロメガリー)という病気や、狭心症や心筋梗塞などの心臓の病気、腎硬化症など、深刻な病気が原因である可能性があります。

むくみがひどい場合や、慢性的な場合は、速やかに医師に相談することをお勧めします。

左右のむくみの差が大きい

左右の脚のむくみの差が大きい方は、下肢静脈瘤である可能性があります。

下肢静脈瘤とは、血管内の弁が正常に閉じなくなることで起こる症状で、血管が浮き出たり、血液が逆流してうっ血することによるむくみが生じたりします。

浮き血管などの表面に現れる症状がなくても、下肢静脈機能が低下している『隠れ下肢静脈瘤』である可能性があり、20代など若い世代の方にも隠れ下肢静脈瘤の疑いのある方が多いと言われています。

左右の脚のむくみの差が大きい、朝起きても脚のむくみが取れていない、膝の周りや膝の裏にむくみを感じるという方は、注意が必要です。

着圧ソックスの着用など、主にふくらはぎのむくみ対策をすることで予防や対策をすることが可能です。

今すぐ実践してむくみを解消しよう!

むくみは放っておくと、太って見えるだけでなく、様々な問題の原因になるので、できるだけ早い段階でむくみ対策をすることが大切です。

ご紹介したむくみ解消方法は、簡単にできるものばかりなので、ぜひ今すぐ実践してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です